若くて独身なら死んでも誰も困らないから保険に入らなくても良いという意見がある。

突然死んでも困る人はいないといいながら、じゃ、葬式代はだれが払うのということか?と父に言われた。

葬式代等で例えば終身保険300万円を用意しておけば余裕で対応できますね。20台後半ということですが、例えば27歳男性で60歳払込済の300万円の終身保険でしたら月の支払は、5,500円前後では無いでしょうか?終身保険の場合は、貯蓄効果もありますが、円建てでも払込満了時には、払い込んだ保険料+αは戻ってきます。 もしもの為に掛けておくのであれば最終的に使わなかったとしても損はしないのではないですか。

後は、医療についてですが、確かに高額医療で戻ってくるということはありますが、高額医療費は一度ご自身で支払って還付申請をしてから実際に戻ってくるまでの期間は結構かかります。

医療保険に加入していれば、必要書類がそろって請求して振込までは1週間位のものでしょうから、一時的な支出に対応でき、その後還付という形でお金が戻ってくるのですから、入院で働けない情況等の経済的な足しになります。

終身型の医療保険でシンプルなものを日額10,000円位でも月4,000~5,000位だと思います。

参考:東京海上日動 あんしん生命の評判